あさひ歯科クリニック
> アクセス
朝8時より受付。日曜日も診療。
近江八幡南口イオン前徒歩1分の歯医者さんです。
日曜の診療は平日の診療と変わりません。
休日加算・時間外加算は一切発生致しません。
ネット予約も可能
> まずはお電話を。予約なしでも大丈夫です。
電話番号
※診療時間内にお電話をください。
WEB予約
※ネット予約は、初診時専用になっております。
診療時時以外は診療時間内に必ず電話
にてご予約お願いします。
夜に痛くなり朝一番で受診したいときなどは8:30頃までにご来院いただきますと予約が無くとも予約扱いとさせていただきます。
休み時間(12:00~14:30)は電話がつながりません。
良い治療をするためには、スタッフ全員の休息も必要と考えておりますのでご理解下さい。
あさひ歯科クリニック
> アクセス
朝8時より受付。日曜日も診療。
近江八幡南口イオン前徒歩1分の歯医者さんです。
日曜の診療は平日の診療と変わりません。
休日加算・時間外加算は一切発生致しません。
ネット予約も可能
> まずはお電話を。予約なしでも大丈夫です。
電話番号
※診療時間内にお電話をください。
WEB予約
※ネット予約は、初診時専用になっております。
診療時時以外は診療時間内に必ず電話
にてご予約お願いします。
夜に痛くなり朝一番で受診したいときなどは8:30頃までにご来院いただきますと予約が無くとも予約扱いとさせていただきます。
休み時間(12:00~14:30)は電話がつながりません。
良い治療をするためには、スタッフ全員の休息も必要と考えておりますのでご理解下さい。

インプラント

インプラントは、人間の歯に変わる人工の歯を根本から作り、入れること。ちなみに、英語のインプラント(implant)は「植え込む」という意味です。
歯には歯茎の上に見えている部分と、歯茎の下の骨の中に埋まっている歯根部分がありますが、虫歯や歯周病などで歯が無くなった場合は、歯根まで無くなってしまいます。従来の入れ歯やブリッジでは、人工の歯を取り付けても土台である歯根はないままですから、自分の元の歯に比べて噛む力が弱くなります。
インプラントは歯根まで作りますから、元の歯と同じように硬いものでも噛むことができます。しかも、見た目にも美しく、天然の歯となんら変わりありません。従来の入れ歯のように取り外しの必要がなく、隣の歯に引っ掛ける留め金もいらないので、不快感がなくなります。

インプラントのメリット

取り外す必要がない 天然歯と同じように骨に直接ついていますから、入れ歯と違って取り外す必要がありません。
違和感がない 入れ歯を入れたときのような異物感がなく、慣れるまでの時間を耐える必要がありません。
匂わない 天然歯と同じなので、入れ歯と違い口臭の発生がありません。
発音しやすい 入れ歯は大きさや形によって発音しづらくなる場合がありますが、インプラントにはまったく影響ありません。
外れない 入れ歯はバネで抑えられているので、硬いものを噛んだとき外れてしまうことがあります。インプラントは骨に直接植え込んであるので、歯が外れて誤飲したり、喉につかえたりすることはありません。
痛くない 馴染むのに時間がかかる入れ歯と違って、痛かったり、舌とこすれて口内炎ができたりするなどの悩みとは無縁です。
見た目がよい インプラントは天然歯と同じ仕上がりなので、見栄えがよく審美性に優れています。部分入れ歯を固定するための針金が見えることもなく、口を大きく開けて笑うことができます。
若々しさを保つ 歯根を支えている骨は、歯があるからこそ健全に保たれています。歯が失われると急激に衰え、入れ歯は骨の老化を加速させると言われています。最終的にほとんど顎の骨が退化してしまうケースもあるようです。インプラントは歯を支える骨を使うため、若々しい表情を保ちます。
作り替えの必要がない 入れ歯は作って何年か経つと歯が痛んだり、歯茎が萎縮するなどして合わなくなることがあります。具合が悪くなったら作り替える必要がありますが、インプラントは定期検診以外には通院の必要がありません。インプラントの定期検診は症例によりますが通常、3~6ヶ月毎に行います。

こんな人にこそインプラントを

・入れ歯で口の中に違和感がある
・入れ歯の口臭が気になる
・入れ歯で発音や発声がしにくい
・入れ歯で硬いものが食べられなくなった
・入れ歯のせいで人前に出たくなくなった
・入れ歯になって、健康に不安を持つようになった
以上の項目に思い当たる人はインプラント治療を考えてみることをお薦めします。ただし、思い立ったら誰でもOKという訳ではありませ ん。インプラント治療を行う前には、いくつかの条件をクリアする必要があります。
1.インプラントに適した骨量や骨質か?
2.インプラント治療の障害となる疾患がないか?
これらの項目のほか、患者さん自身がインプラント治療に対する情熱を持っているかどうかが成功の鍵になります。

インプラントの疑問や不安を解消

インプラント手術は痛くない 手術は麻酔を用いますから、痛みはありません。手術後に少し腫れることもありますが、目安としては親知らずを抜いたときと同じか、それ以下くらいと考えて頂ければいいでしょう。
手術時間は1~2時間 インプラントの手術時間は1~2時間程度です。親知らずを抜いた後くらいの痛みと考えればいいでしょう。手術後は自宅で静かに過ごすのがベストですが、どうしてもということであれば、仕事などで出かけられないことはありません。なお、手術当日は入浴ではなくシャワー程度にして、早めに就寝するようにしましょう。
安全性は大丈夫? インプラントは体内に異物を埋め込むことになるわけです。特異体質の人もいますから、100%安全とは断言できませんが、ほとんどの人はインプラントに使用するチタンではアレルギー反応や拒否反応は出ません。チタンは生体反応を起さない唯一の金属なのです。チタンを利用した技術が歯科だけでなく、整形外科などで広く使われているのも、チタンの安全性を物語っています。
進歩する技術 その昔、日本にインプラント技術が入ってきた当初は失敗例もあったといわれています。海外の技術を短期間で研修し、見よう見まねの域を出ないケースもあったと思われます。このように、昔は海外に比べ10年は遅れていましたが、現在ではそのようなことはありません。技術は日々進化しており、日本でも信頼できるドクターが多数存在しています。
インプラントの耐久性 インプラントはチタンでできていますから、手術後は虫歯になることはありませんし、チタンが曲がったり折れたりすることもありません。しかし、土台である骨が歯周病に冒されてインプラントを支えられなくなってしまうことはあります。インプラントがどれだけもつかは、メンテナンスがきちんと行えるかどうかにかかっています。食後のブラッシングを習慣づけ、定期検診で歯垢や歯石を取って、歯周病にかからないようなケアを心がけましょう。
インプラントにかかる期間 インプラント治療にかかる期間は、まずカウンセリングから手術までが1ヶ月。その後、安定し型を取って上部構造を入れる行程などを経て、全診療過程で3ヶ月ほどかかります。
インプラントの審美性 部分入れ歯は針金を他の歯に引っ掛けて固定する方法なので、金属が見えてしまうことがあり、義歯であることが外見からわかってしまいます。インプラントは骨に埋め込む方式のため、天然歯と形状が変わりません。色合いも同じですから、外見ではまったく区別がつきません。
インプラントの費用 最も気になるのが、お金の問題。インプラント治療は保険適用外のため、自由診療になります。インプラントは世界中である程度認知されているものだけで数十種類以上あり、それに付属するシステムがあります。どのシステムを使用するかによって、料金も大きく異なってきますから、信頼できる歯科医とよく相談して、自分にあった方法を選んでください。
はじめての患者様や妊娠中の患者様には安心して受診していただけるパンフレットをお渡ししております。